YS-11の飛行訓練に思う

下の写真は、平成25(2013)年7月4日(木)、キーンというYS-11の独特のエンジン音が耳に入り、思わず外にでて撮影した写真です。

一時期この機体の整備に従事していたものにとって、忘れることのない金属音を発するYS-11。

定期的に立川の飛行場にタッチ&ゴーを繰り返すのを見るたびに、昭和31(1956)年の正月、このYS-11のとった進入コースで着陸しようとした米軍機が町なかに墜落したときの写真が思い浮かぶのでした。

 戦後米軍に進駐された日本ですが、この日野でも、飛行機の墜落事故で家屋を破壊されたり、米軍の軍用車にはねられ今でもその後遺症に悩む人がいることを記憶にとどめ、子どもたちにも伝えて行きたいと思うのでした。                      

昭和31(1956)年1月3日墜落した米軍機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 19 =