【終了】日野のむかしを語り合おう!(第5弾)

平成19(2007)年6月18日(土)午後、日野宿交流館1階で、先月の5月12日(土)から始まった写真展「日野宿今・昔」に、貴重な写真を提供していただいた真野保さん(森町)、松本保さん(北原)、山本豊さん(森町)、数年前に他界された志村章さんの長女、志村摩智子さん(森町)、大門橋の銘版の拓本を提供していただいた猪鼻さん(仲町)、そして日野宿発見隊の強力なメンバーである谷享司さん(仲町)にお集まりいただき、写真を見ながら半世紀前の日野宿についてお話を伺いました。

何といっても昭和初年に移ってきた六桜社(小西六、現在のコニカミノルタ)に勤めていた方がたくさんいたことで貴重な写真が残ったと言えましょう。先人の方々に本当に感謝、感謝です。

なお、この座談会の様子は後日、日野ケーブルテレビで放映されました。また、この座談会の記録集『日野のむかしを語り合おう!』は市内の図書館で借りられます。

真野保さんほか

交流館1階通路に展示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − eight =