【終了】中央線多摩川鉄橋橋台見学会(番外編)

平成21(2009)年4月29日(水)、猪鼻さんの発案で、日野煉瓦が使用されているという中央線多摩川鉄橋の橋台を見学してきました。日野宿発見隊のメンバーのほか、日野市役所学芸員の清野さんも同行してくれました。

明治23(1890)年に甲武鉄道が敷かれたとき、橋の橋脚に日野の地で生産された煉瓦が使われたといいます。その日野煉瓦をすぐ近くで見ることができました。

日野宿発見隊では、日野煉瓦は日野市にとって大変貴重な遺産ととらえています。これを皆さんに理解していただきたく、記念碑のようなものができればと考えています。奇しくも来年平成22(2010)年1月で日野駅は開業120周年を迎えます。日野宿発見隊でもこの慶事を是非町の人たちとお祝いしたいと願っています。 

多摩川鉄橋南側の橋台

日野用水下堰(多摩川鉄橋南)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 9 =