松本保さん製作の宝船(番外編)

平成19(2007)年11月16日(金)、北原の松本保さん宅に伺い、完成した宝船を見せていただきました。松本さんは手づくりの農産物を利用して写真のような宝船を製作されたということです。

松本さんは幼い頃から魚や野鳥とりの道具を拵えてしまうといった器用な方で、また、お話も面白く、その道具の使い方を語る姿は少年の頃の腕白だったという松本さんを思い起こさせるものです。平成22(2010)年夏の子ども横丁(写真右)では、子どもたちにいろいろな道具の使い方を話してもらいました。

この宝船は産業祭りで展示されるそうですが、後日、日野図書館内でも正月に飾らせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − ten =