志村宅のシモバシラ(番外編)

平成20(2008)年12月27日(土)、森町の志村磨智子さん宅に咲いた(発生した)「シモバシラ」を見せていただきました。とてもめずらしい現象です。初めて見ました。

「シモバシラ」そのものは紫蘇(しそ)科の植物です。「雪寄草(ゆきよせそう)」ともいわれるそうです。

冬のこの時期、枯れた茎の根元に「霜柱」のような 「氷の結晶」ができるところから、この「シモバシラ」という名がついたそうです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + six =