一中道徳授業地区公開講座に講師として招かれました

平成23(2011)年10月1日(土)、午前の約1時間、3年生向けの道徳授業の講師として、日野宿発見隊のメンバーが招かれました。一昨年から始まったこの道徳授業は、子どもたちに郷土愛を育んでほしいとの趣旨で取り組まれているということですが、今回は4クラスを各2名ずつ、計8名で受け持ちました。

授業の初めに、担任自身のふるさとについての思いが語られたあと、日野宿発見隊が用意した昔の日野の様子をとらえた写真や映像を見ながら、各担当がこれに解説を加えました。初めは少々ぎこちなさもありましたが、次第に緊張がとれ、各クラスから笑い声が聞こえるほどでした。日頃から地域で活躍する先輩たちの熱い思いが後輩たちの胸に少しでも響いてくれたらうれしいですね。

なお、この日は公開講座のため保護者や地域の方々も見学されていました。また、日野ケーブルテレビ、日野ニュース、さらには読売新聞の取材も入りました。そんなわけで生徒たちもちょっといつもと違う雰囲気だったかもしれません。

授業が終了したあと、教師や保護者向けに、日野宿発見隊のこれまでの取り組みや先に刊行した絵本について、ホームページも交えて、井上さんと石嶋より報告しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =