【終了】用水清掃 -旧大門橋跡下流-

平成25(2013)年6月3日(月)、午前9時45分から約2時間、日野一小北側、旧大門橋跡の下流付近の用水清掃をしました。

鮎が遡上する前にきれいにしておこうと、急遽この日の清掃となりました。
ふたりが用水に入り、ひとりが拾ったごみの袋詰めを担当。

用水の上から見るとそんなに深く見えないのですが、中に入ってみると水深は40cm以上。
今の時期、結構流れも速く、小さな子どもだったら危ないだろうなと感じました。

私たちが作業をしている足元にはオイカワが気持ちよさそうにたくさん泳いでいました。
ほとんどのオイカワは私たちから逃れて橋の下に隠れてしまいましたが、なかにはからかうように近づくオイカワもいました。

昨年の10月にもこの辺を清掃したのですが、今回とても目立ったのがガラス瓶の破片の多さでした。
とってもとっても出てくるガラス瓶の破片や茶碗のかけら。
2時間ほど作業して、上にあがって流れを見ると、かなりきれいになってはいるのですが、まだまだガラスの破片があるのが見えるではありませんか。

土・日曜日しっかり働いた私たちにとってはこの作業結構疲れました。
いつの日かこんな作業をしなくてもよい日が来ればいいのですがね。

                               

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 1 =