諏訪流放鷹術見学(番外編)

平成20(2008)年1月26日(土)、八王子市の滝ケ原運動場で開かれた諏訪流放鷹術を日野宿発見隊の須永克彌さんの紹介で見学してきました。これが正装なのでしょうか、粋な格好をした鷹匠によって放たれた鷹や隼が、ハトやキジなどの獲物を捕まえるという技(一連の流れ)を披露してくれました。

獲物を捕え鷹匠の手まで確実に戻るまでに仕込むのはなかなか大変のようです。なかにはキジを追って飛び立ったものの、獲物を逃してしまった鷹もいるぐらいです。

最後に見た隼は素晴らしいものでした。上空に一目散に舞い上がったと思うと、真っ逆さまに急降下してきて獲物を捕獲。あっという間のことでした。

初めて見る諏訪流放鷹術のすばらしさに感激しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =