スタンプラリー用の新しい判子ができあがりました。

平成30(2018)年4月1日、スタンプラリー用の新しい判子ができあがりました。昨年は日野用水開削450年でしたが、これを今年のスタンプラリーから日野用水を顕彰してのスタンプを作製しました。デザインは谷享司さん、彫りは事務局の石嶋が担当しました。

これで、佐藤彦五郎新選組資料館と多摩都市モノレール(日野宿発見隊が制作し提供)の2個と日野宿発見隊所蔵の16個、計18個(実際はモノレールには2種類あり)となります。

5月12日(土)開催予定の「スタンプラリー in 日野宿 2018」でお披露目となります。どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =