大阪窯業製の煉瓦(番外編)

平成20(2008)年5月11日(日)、森町の志村磨智子さん宅や隣の山本保さん宅に残されていた煉瓦を見せていただきました。

この煉瓦は昭和の初期、甲州街道の歩道に敷かれていたもので、八王子の長沼にあった大阪窯業製の煉瓦だといいます。80年以上も前に製造されたという歴史的な遺物が志村さんや山本さんの庭先にそっと置かれていたところに何ともいえぬ思いにかられました。

なお、明治22(1889)年に甲武鉄道建設時に多摩川鉄橋の橋脚に使われた日野煉瓦とは異なるものだそうです。

なお、現在日野図書館前の掲示板下に現物を展示しいますのでご覧ください。
また、日野図書館2階には日野煉瓦も展示していますので合わせてご覧ください。

日野図書館前掲示板支柱下に展示された大阪窯業製煉瓦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =