メジロの巣にかわいいひな鳥を発見!(番外編)

平成23(2011)年7月5日(火)、仲町のとあるお宅の庭先で、メジロのひな鳥を見させていただきました。ご当主が庭木を剪定していた際に、切り落とした枝に小鳥の巣があったそうです。そしてその巣には卵が1個あったそうで、早速適当な枝に巣を戻してあげたところ、その後、巣には別の卵もあったらしく、結局4羽のひな鳥が孵ったそうです。

写真は本日撮影したものです。近くには親鳥の姿も見え隠れしていましたが、なかなか警戒して巣に近寄りませんでした。以前日野図書館でも、樹木の選定をしたところ、メジロの立派な巣が残っていたので、館内で展示をしたことがありました。宿内の身近なところで、今でもこうした自然の営みを観察できることは幸せなことだと思います。 

なお、ひな鳥たちは7月8日(金)の11時すぎ、無事巣立っていったとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =