「こんにちはいっと6けん」放映の反響 その1

平成23(2011)年9月13日(火)、日野宿発見隊宛てに一通の封書が届きました。十年前までコニカ日野の工場長をされていたという小林良一郎さんからでした。同氏は趣味で江戸文字・千社札を制作されているとのことで、テレビ放映をご覧になり、早速写真のような千社札を江戸文字で描いてくださったのでした。

本当にありがたいことと、早速お礼のお電話をしたところです。日野宿発見隊がまちかど写真に取り組んでいることをお伝えすると、何かお役にたてればとのお話もいただきました。

この後、同氏がコニカに勤務されていたいうことで、もしや、カメラマンの井上さんがご存じかと尋ねると、同氏は井上さんのお父さんのもとで働かれていて、自宅にもいらっしゃっていたといいます。偶然とはいえ、このような思いがけない出会いに本当に驚くばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − three =