山下勇氏が描いたかつての東町遠景

以前東町にお住まいだった山下勇さんが描かれたかつての東町の様子です。

手前が多摩川で、ここに日野の渡しがありました。玉川亭の鮎漁場があったのもこのあたりです。

日野橋ができるまでは、この日野の渡しを渡り、渡船場道を南に進み甲州街道へと出ました。その甲州街道を西に進むと日野宿の中心に。

右端には見えるのが日野駅です。一方、渡船場道の右手には蚕糸試験場がありました。

はるか遠方には高幡山も見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =