【終了】第3回イチョウ祭り(番外編)

中央公民館前にあるイチョウの木は3本の木が1本の木のように寄り添うイチョウです。

紅葉の季節になるとまず低い方の木が先に色づきはじめ、しばらくして高い方の木が色づくという不思議なイチョウです。そのため低木の黄色と高木の緑色の絶妙なコントラストを醸し出し、やがて全体が黄金色に覆われ最高潮に達します。

ふれあい商店会では中央公民館の協力をえて、平成22(2010)11月8日(月)午後からこのイチョウの木のセレモニーを開催しました。日野宿発見体のメンバーもお手伝いしました。商店会提供のおでんや焼き鳥を頂きながら一小の3年生をはじめ幼稚園の子たちとたくさんの
人出となりました。

なお当日は先に中止となっていたハロウィーン祭りを同時に開催しました。

イチョウのいわれを話す猪鼻さん
イチョウのいわれを話す猪鼻さん
お菓子をもらいに出発!
お菓子をもらいに出発!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − three =