【終了】第10回こども発見隊「日野の用水であそぼう!」(第65弾)を開催しました。

平成27(2015)年7月25日(土)午前9時半から11時半まで、新東光寺地区センター前の日野用水で水辺にすむ生き物観察会を行いました。

幼児から5年生まで児童21名とその保護者、スタッフ、合計34名の参加がありました。

あいにく田んぼの方は水が遮断されているため、3グループとも用水をフィールドにして行いました。2グループは待ち受ける谷さんと今回特別参加の女子大生Aさんがもつ大網めがけて追い込み班が追い込みます。その獲物はオイカワ、カマツカ、コイ、カワムツなどでした。オイカワは元気がよく、勢い余って水槽から飛び出してしまうほどでした。

1時間ほど奮戦したあと、桜の木の下、涼しい場所に移って、鶴田先生からレクチャーを受けていた時のことです。なんとオイカワのメスから卵が出てきてしまったのです。ピンクの小さな粒が卵とのことでした。あとで、川にリリースしてあげたのですが、ちょっとかわいそうなことをしてしまいました。

網やバケツを片づけたあと、地区センターに戻り、冷えたオレンジでのどを潤し、そのあと川の生き物の本を紹介してもらい、最後に日野宿発見隊特製のバッジをお土産にもらい解散となりました。

昨年は8月の開催で雨にたたられてしまいましたが、今年は天気もよく、34名もの参加者があり、とてもにぎやかな1日となりました。

さあ、ゆっくり追い込んで!
鶴田さんから生き物についてレクチャを受ける子どもたち
35度を超える炎天下! 子どもたちは元気、元気
桜の木の下は涼しいね 
オイカワのオス(上)とカマツカ(下)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − fifteen =