ふじみ野市から視察のお客様がみえました

平成26(2014)年1月16日(木)の午後、埼玉県ふじみ野市から7名のお客さまが日野宿発見隊の取り組みについて視察に来られました。日頃、市民活動支援センターで活動している市民の方々4名と市職員3名がいっしょにみえました。因みに、ふじみ野市は平成17(2005)年に旧上福岡市と大井町が合併してできた市とのことです。

最初に、加地代表と事務局から日野宿発見隊の成り立ちや活動内容について説明し、その後メンバーの皆さんから質問を受けました。

皆さんは「おらんほう来ねかあ 大井郷」と銘打って大井宿についての学習会など進めているそうですが、今後の活動をより深めていこうとしているところで、偶然私たち日野宿発見隊の活動が目にとまったとのことです。

特に日野宿発見隊で取り組んでいる屋号看板の製作経過に大変興味を示されていました。地域を学ぶという日頃の活動内容は共に通じるところがあり、熱のこもった意見交換となりました。

ふじみ野市にはかっての大井宿という宿場があったこともあり、日野宿とは共通点が多く、今後
も会同士の情報交換を進めていこうとの話となりました。また、日野宿発見隊の事務局である日野図書館には街道や宿場などに関する資料を収集しているので、大井宿に関する資料など刊行される際は是非ご寄贈いただくことを会わせてお願いしました。

その後、日野宿交流館の展示室を見学したあと、記念写真を撮ったあと皆さん帰途に着かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =