おおぎやなぎちかさんのプロフィール&メッセージ

おおぎやなぎちかさん
おおぎやなぎちかさん

プロフィール

秋田市生まれ秋田大学教育学部卒業
2005年より、日野市在住

日本児童文学者協会会員、「季節風」同人
2004年から童話を書き始め、学研読み特賞。岩崎書店福島正実SF記念童話賞。毎日新聞小さな童話賞等で入選。2008年には小説で北日本新聞北日本文学賞。選奨受賞(宮本輝選) 2009年。第15回児童文学ファンタジー大賞 佳作受賞(この作品は現在福音館書店で単行本として出版準備中)。

俳句歴は童話より長く、「童子」同人。12月までカルチャーセンタースクールで俳句講師をつとめる。

メッセージ

自然が豊かで、歴史ある日野に住んで6年になりますが、このたび、『ひのっ子日野宿発見』の文章を書かせていただき、私にとっても新たな発見がたくさんありました。文章を書くにあたっては、これまで多くの皆様が調べ、作られた資料をもとに、子どもたち伝わりやすいものをということ、また日野図書館長の渡辺さんがおっしゃられた「絵本を読んで、昔の日野宿を歩いているような」という言葉を念頭に置き、書かせていただきました。ホームページや授業での展開に詳しい部分はゆだね、広田さんの絵が日野宿のすばらしさを充分表現してくださっているので、文章の方はでくるだけ簡潔に、ただ知識や事実を並べるのではなく、感覚を刺激できるようなものをと心がけたつもりです。企画編集に携わってくださった図書館の職員、日野宿発見隊の井上さん、郷土資料館の北村さんには、細かい部分の誤りを正していただきました。本日の報告会には、都合で出席できず大変残念で、また申し訳なく思っております。またこの本が、多くのひのっ子たちに喜んでもらえて、日野宿のことをもっと知りたい、日野っていいところだなと思ってもらえたらと願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 17 =