カゲロウの羽化に感激! 矢澤さん親子からのお便り

平成24(2012)年9月7日(金)、夏に開催された「用水であそぼう!」に参加された矢澤さん親子から次のようなお便りをいただきました。 

いつもお世話になっています。
先日、参加させて頂いた、用水遊びでカゲロウの羽化についてのプリントを頂きました。
とても気になっていたので、カゲロウの出没を気にかけていました。
そして、昨日のことです。
買い物帰りに、カゲロウらしき集団が飛んでいる所に出くわしました。「今日だ!!!」と思い、我が家の前を流れる用水に、懐中電灯を持って娘と近づいてみると、いっぱい飛んでいるではありませんか!!!
15年近くも住んでいて、全く気づかずにいました。
感動のあまり、近所の方としばらく見ていました。
本当に儚く、しばらくすると、数がだんだん少なくなり、短い命を目の当たりにしました。
まだまだ知らない日野の暮らしに、発見と感動を繰り返し住み続けられたら、本当の意味で、日野の人になれる気がしました。
貴重な経験は発見隊の活動のおかげです。
感謝を伝えたくて、メールさせて頂きました。
ありがとうございました。
                                  矢澤さんのお母さん

きのう私は、カゲロウを見ました午後10時ごろにみました。
懐中電灯の光をあてないと見ることは出来ませんでした。
用水には、たくさん死んでしまったカゲロウたちがいました。
(懐中電灯は白い光よりもオレンジの方が見やすい)
たった2時間の命で羽化してまた死んでしまうのは、とても可哀想だと思いました。
お母さんは、買い物の帰りも道に飛んでいたよ!と言っていましたが私が見たときには、もういませんでした。
家の前の用水にはたくさんのカゲロウがいたけれど、近くの用水にはすこししかいません
でした。
だからまたみてこんどはもっといろいろしらべて、もっとはやくに見たいと思います。

                                  小学3年生のお嬢さん   

   「用水であそぼう!」でお世話になっている鶴田先生のまとめた資料です。
   日野用水とオオシロカゲロウ.pdf              

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =