明星大学「星友祭」にひまわり号と参加してきました(第68弾)

平成27年10月31日(土)、移動図書館ひまわり号といっしょに明星大学の星友祭に参加してきました。

雨天のため中止となった10月11日のこどもまつりでしたが、今回50回目となった星友祭に、奇しくも図書館開設50周年を迎えた日野市立図書館が招かれたの機に、日野宿発見隊も同席させていただいた次第です。

日野宿からはかなり離れた程久保地区ですが、大学生や地域の人たちに日野宿発見隊の日頃の活動を紹介したいとの思いからでした。

参加者は日野宿発見隊5名(事務局:日野図書館職員2名含む)と実践女子大生1名、ボランティア1名でした。図書館からは中央図書館職員3名と委託の運転手さん1名でした。午後には館長も姿を見せてくれました。

高台に建つキャンパスだけに北寄りの風はかなり冷たく感じましたが、雨にもならず地域の子どもたちや親御さんたち、また図書館学を学んでいるという学生さんたちとの交流ができました。

また、屋内にセッティングされた日野宿発見隊の活動を紹介する展示コーナーでも、ひまわり号のパネルとともに見学される来場者の姿がありました。それにしても、寒いなかでも夢中になってひまわり号の塗り絵や工作に熱中するこどもたちには
頭がさがるばかりです。

なお、こどもたちとひまわり号に関心を寄せられた学生さんなどに、お好みの色の特製缶バッジをひとつ差し上げました。150個用意したバッジですが、ほとんとはけてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 10 =