特定できなかった写真の撮影場所が判明!

地域の方々から提供いただいた写真で、これまでどうしても撮影場所が特定できなかったものが幾枚かありますが、そのなかで本日その1枚が判明できました。下の写真は、神明の台地から富士山方面を撮ったものかと思っていましたが、富士山と大室山の位置関係が一致せず特定できませんでした。

市内在住者提供 昭和10年代中頃撮影
市内在住者提供 昭和10年代中頃撮影
コニカミノルタ資料室提供 昭和12年撮影
コニカミノルタ資料室提供 昭和12年撮影

 たまたま今年富士山が世界文化遺産に指定され、これを記念に平山図書館で展示することになり、場所の特定ができればと思い、日野宿発見隊の井上カメラマンに話をしたところ、今朝、井上カメラマンが訪れ、この写真、小西六(現コニカミノルタ)工場の屋上から撮影したものと同じではないかとの有力な情報を得たのです。

それは、秋山東一さんの父、喜世志さんが小西六に勤めておられた折り、昭和39年(1964)の冬、工場建屋の屋上から撮影した写真の存在でした。
秋山さんのHPから情報を得ました)

中央はるか遠方に富士山が、また写真左手に八王子競馬場が見てとれます。右手には甲州街道が走っています。確かに位置関係といいぴったりです。

さらに、以前コニカミノルタの資料室から提供いただいた写真のなかに、昭和12年に撮影された写真があったのですが、これが上記の写真とまったく同地点から撮影されたものだったのです。ちなみに、小西六日野工場ができたのが昭和12年7月。

そして何と、同一提供者の写真のなかに、八王子競馬場内の写真ではないかと思われる写真を確認できたのです。かなり興奮しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − one =