「うぉーくらりー in 日野宿 2013(第48弾)」用に新たな特製判子を製作

平成25(2013)年5月12日(日)開催予定の「うぉーくらりー in 日野宿」用に新たな特製判子を製作しました。今回製作したのは井上源三郎資料館、大昌寺、宝泉寺、渡邉家の蔵、日野宿本陣の5つです。日野宿本陣については昨年は日野市観光協会より判子をお借りしましたが、今回は独自に製作しました。

井上源三郎資料館デザイン:入野祐子・谷享司彫り:石嶋
大昌寺デザイン:谷享司彫り:石嶋
宝泉寺デザイン:松元香奈枝彫り:石嶋
渡邉家の蔵デザイン:谷享司彫り:石嶋
日野宿本陣デザイン:谷享司彫り:石嶋

下の写真には佐藤彦五郎新選組資料館の判子が入っていませんが、それも日野宿発見隊が依頼を受け製作したものです。今回製作したものを含め12点のラインナップです。デザインはともかく、彫りは素人のものですのでプロのようにはうまくいきませんが、そこはご愛敬。

判子のサイズは直径約95mm。各施設の特徴をデザインしてもらい、彫りこんだゴム版を日野宿発見隊メンバーの人形店「鈴藤」さんからいただいたケヤキの木に張り付けたものです。なお、このケヤキの木はかつて人形の武者飾り用の矢筒に使っていたものとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =